ブログ|東久留米市南沢で歯科をお探しの方はひばりデンタルケアクリニックまで

〒203-0023
東京都東久留米市南沢5-2-1-1F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2020.2.12月の日曜診療は2日,16日となります。よろしくお願いします。
2020.2.12月の成人矯正無料相談日は空きがありませんので、3月の案内となります。
2020.1.71月の成人矯正無料相談日は14日、16:00~です。
2020.1.71月の日曜診療は12日,19日となります。よろしくお願いします。
2019.12.27本日は大掃除のため午後は休診となります。

ブログ

歯とスポーツドリンクの関係

2019年5月7日

こんにちは。

 

歯科衛生士の渡部です。

 

GWに息子が熱中症になりました。

真夏で無くても、熱中症対策が必要なことを痛感しました。

これから暑い季節になり、熱中症対策にとスポーツドリンクを飲む機会が増えるかと思います。

今日は、スポーツドリンクと歯の関係についてお話します。

スポーツドリンクは、塩分やミネラルも含まれているので、熱中症対策に有効な飲み物ですが意外な落とし穴が2つあります。

 

落とし穴その1️⃣

スポーツドリンクは、砂糖や果糖といった糖分が多く含まれており、なんと500mlにスティックシュガー(1本3gのもの)が10本分も含まれているのです。

※1日の成人砂糖摂取量は、25gと推奨されています。

 

落とし穴その2️⃣

口の中はいつも中性(ph7)となっていますが、スポーツドリンクは強い酸性

(ph2~3)です。

スポーツドリンクを1日中ダラダラ飲んでしまうと、お口の中の酸性状態が続くことになり、非常に虫歯になりやすい環境が出来上がってしまいます。

そのため、スポーツドリンクのみならずジュースを飲む際にはダラダラ飲まずに

時間を決めて飲み、うがいや、歯磨きをするといった工夫が大切になってきます。

 

通常の水分補給は、麦茶をこまめに飲む事で虫歯の危険も無く熱中症対策ができます。

麦茶には、体を冷やしたり、血液をサラサラにしたり、夏バテ予防効果や

胃の粘膜まで保護してくれるという有難い効能があります。

普段の水分補給は水やお茶でも十分ですので、歯と全身の健康のためにスポーツドリンクは必要以上に飲みすぎず、時と場合を考えて上手に摂取することを心掛けましょう❗️