ブログ|東久留米市南沢で歯科をお探しの方はひばりデンタルケアクリニックまで

〒203-0023
東京都東久留米市南沢5-2-1-1F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2021.4.14月の成人矯正無料相談日は定員となりましたので、次回は5/11のご案内となります。
2021.4.14月の日曜診療は11日となります。よろしくお願いします。
2021.3.13月の成人矯正無料相談日は定員となりましたので、次回は4/13のご案内となります。
2021.3.13月の日曜診療は7,28日となります。よろしくお願いします。
2021.2.12月の成人矯正無料相談日は2/9となります。

ブログ

経過観察

2021年3月29日

おかげさまで開院して早5年、多くの患者さんにメインテナンスの重要性を理解し、来院していただいております。

ありがとうございます。

 

その中で、むし歯の治療が必ずしも必要か?

と改めて考えることがあります。

むし歯はレベルが5つあり、0や1のむし歯は基本的には治療はしません。

それはむし歯治療によるデメリットの方が大きいからです。

 

お子さんのむし歯でよく目にするのが上の前歯の歯と歯の間に見られるむし歯です。

この部位は以外とむし歯になりやすい場所なのですが、治療はとても難しく、治療を行ってもすぐ取れてしまったり、

むし歯が大きくなってしまったりと治療効果があまり望めません。

下の写真はその部位を治療を行わず、毎日のホームケアと定期的なメインテナンスで経過を追っていった写真になります。

 

1091_2019.06.25_L011

2019

1091_2020.01.31_L021

2020

1091_2021.03.29_L034

2021

患者さんにはホームケアを徹底してもらい、定期的なメインテナンスにも来ていただいたので、むし歯の進行はごくわずかに抑えられており、まだ治療のレベルではありません。

治療は行っていませんので、お子さんにも治療というストレスを与えることなく、この3年間は詰め物が取れる、痛みが増すなどのことも一切認められませんでした。

この歯は乳歯ではありますが、どうせ抜けるからむし歯になってもいいという考えはよくありません。

乳歯の時の徹底した口腔管理が今後の将来にも大きく影響します。

徹底した口腔衛生管理を行い、治療を行わなくていいお口を目指しましょう!

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田