ブログ|東久留米市南沢で歯科をお探しの方はひばりデンタルケアクリニックまで

〒203-0023
東京都東久留米市南沢5-2-1-1F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2019.11.111月の成人矯正無料相談日は5日、16:00~です。
2019.11.111月の日曜診療は10日、24日となります。よろしくお願いします。
2019.10.12台風19号接近に伴い、本日午後を休診とさせていただきます。
2019.10.410月9日、23日(水)は臨時診療を行っております。
2019.10.410月の日曜診療は6日、13日となります。よろしくお願いします。
BLOG お知らせ
2019.11.18成人矯正
2019.11.2臨床基本ゼミ最終日
2019.11.1開院3周年!
2019.10.10歯がしみる
2019.9.29『必然の勝利』

ブログ

臨床基本ゼミ 第1回

2019年4月1日

こんにちは。

新年度もスタートし、新元号も「令和」と発表されて、気持ちも改まる今日この頃です。

 

私自身は、3月末より約半年間「臨床基本ゼミ」というセミナーがスタートしました。

これは日々の細やかな、臨床の質を高めるためには持ってこいのセミナーになります。

昨日、第1回がスタートしましたが、「歯科臨床に必要なこと」と題された講師の先生のお言葉にはかなりの重みを感じました。

それ以外にも基礎を振り返る内容や、課題のご指摘など、沢山の学びがありました。

まだまだだと改めて痛感しました。

 

 

これから半年がさらに楽しみになりました。

クリニックを閉めることにより患者さんにはご迷惑をおかけしますが、この学びを日々の臨床で還元していきます。

よろしくお願い致します。

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

ステファンカーブ

2019年3月5日

こんにちは。

歯科衛生士の小俣です。

 

皆さん、ステファンカーブ(ステファン曲線)って聞いたことありますか?

ステファンカーブついて知っておくことで、ムシ歯から歯を守ることができます。

 

通常、お口の中は中性(pH7)に保たれていますが、食事をするとムシ歯菌が出す酸の力でpHが一気に酸性に傾きます。

これが唾液の力によって、元に戻るまで(中性になるまで)に要する時間を表した曲線をステファンカーブと呼びます。

 

歯のエナメル質が溶け出すのはpH5.5以下です。

ダラダラ食事をしたり、不規則におやつを摂ったりするとお口の中がずっと酸性状態になり、ムシ歯になりやすくなります。

なので、ステファンカーブをしっかり理解して、規則正しい食習慣を心がけましょう!

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

小俣

 

image1

臨床基本ゼミ受講

2019年3月1日

2019年3月より約半年間、月に一回の土日を休診とさせていただき、火曜会の先生方が講師をされている臨床基本ゼミを受講することになりました。
ここでは日々の臨床を再度見直し、一つ一つのステップを基本に忠実に行い、さらにレベルアップさせたいと考えています。

月に一度の土日を休診とさせていただくため、患者様にはご迷惑をおかけしますが、ここで学んだことを患者様やスタッフに少しでも還元できたらと思っています。
何卒宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

歯科治療後のMRI検査について

2019年2月9日

こんにちは。

今日は最近、何人かの患者様からご質問をいただいた、
歯科治療後にMRI検査を受けれるのか?という事に関してのお話です。

MRI検査は「磁気共鳴装置」とも呼ばれる検査であり、磁気を発生し共鳴させます。このため被せ物やインプラント内に磁石があると磁気が共鳴し発熱し、やけどなどを起こしてしまう恐れがあります。
実際のところ磁石があったとしても身体に害をなす可能性は極めて低いとも言われていますが、それでもMRI検査の際には磁石を外して診断を受けるのが常識となっています。

一般的にお口の中で用いる被せ物で磁石を使用する事はほとんどないため、検査の際に外す必要はないので安心してください。

チタンあるいはチタン合金のインプラントを用いてインプラント治療を受けた場合、そのインプラントもMRIによる画像診断に影響を及ぼすことはありません。

しかし、インプラントの上部に磁石が付いた構造物が装着されている場合には、MRIの画像が乱れることがあるので場合によっては外す必要があるかもしれません。また、チタンのインプラントが埋まっていることによって、CTによる画像診断が影響される可能性はあります。

かと言ってインプラント全てを除去する必要があるか、そもそもインプラント治療ができないのではないかと言ったらそう言うわけではございませんので、安心してください。

MRIやCTでの検査を受ける際は、再度担当医にご相談いただけたら幸いです。

宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック
上田

『歯ぎしり』実はあなたもしているかも?

2019年2月1日

こんにちは。

歯ぎしりには3つのタイプがあるのをご存知ですか?

・歯をすり合わせるギシギシ型

・食いしばるグリグリ型

・カチカチ鳴らすカチカチ型

 

どれもめずらしいものではなく7人に1人は歯ぎしりをすると言われています。

 

おせんべいは10キロ

フランパンは30キロ

歯ぎしりは60〜80キロ

これは歯にかかる重さです。

 

これだけ強い力がかかれば、歯が欠けたり、折れたり、グラグラしてしまってもおかしくはありません。

あごが外れてしまうこともあります。

 

歯が平らになっていたり、短くなっていたり、冷たいものがしみたら、あなたも歯ぎしりをしているかもしれません。

 

そんな方にはマウスピースで歯を保護するなどの対処方法があります。

一度受診をお勧めします!

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

成田

インフルエンザ予防は、手洗い・うがいに「あいうべ体操」

2019年1月22日

こんにちは。

歯科衛生士の渡部です。

 

インフルエンザが全国的に流行しています。

皆さんは手洗い、うがいの他にインフルエンザを予防できる簡単な体操

「あいうべ体操」をご存知ですか?

 

「あいうべ体操」とは口呼吸の癖を、人間本来の呼吸法である鼻呼吸に改善していく体操です。

福岡の小学校で「あいうべ体操」を毎日実践したところ、インフルエンザの罹患率を大幅に下げることができ、学級閉鎖がほとんどなくなった

という事例もある凄い体操です。

 

やり方はとても簡単!

「あー」と大きく口をあけ

「いー」と口を横に開き

「うー」と口をすぼめ

「べー」と舌を出す

これを1日に30回行うだけ!

 

口呼吸は乾いて冷たい、そして異物がろ過されていない空気を体の中に入れ込んでしまいます。

これがインフルエンザや風邪の発症に大きく関係しています。

鼻呼吸であれば、空気中のウィルスや細菌などを鼻毛が、ある程度シャットアウトしてくれて、侵入してきた異物も鼻の粘膜でとらえて

体内に入らないようにしてくれます。

鼻は天然のマスクとも言えますね!

 

「あいうべ体操」には、インフルエンザ予防だけでなく、

・唾液の分泌促進

・虫歯の減少

・歯並びがよくなる

・アトピー性皮膚炎の改善

などの効果もあります。

 

手軽にできて、健康にもなれる「あいうべ体操」を是非試してみてくださいね。

もっと詳しく知りたい方は、息育指導士である院長やスタッフに気軽にお尋ねください!

 

謹賀新年

2019年1月5日

新年明けましておめでとうございます。

 

本年も皆様のお口の健康を保つために、誠心誠意努めてまいりたいと思います。

何卒宜しくお願い致します。

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

スタッフ一同

“お酒を飲んだ後に歯磨きを怠ると”

2018年12月17日

早いもので12月も残りわずかとなりました。

 

12月に入ると忘年会などでお酒を飲む機会が増えてきますよね!

皆さん、飲み会から帰ってきていい気分のまま、おやすみ〜なんて事、一回はあるのではないでしょうか?

 

これは絶対にやってはいけません!

飲酒をするとお口の中が乾燥するので、普段よりも虫歯と口臭のリスクが高くなります。

寝る前の歯磨きはとても重要で、寝ている間のお口の中は、自浄作用、抗菌、殺菌作用のある唾液が

減少し、細菌と細菌の餌が残ったままで虫歯ができやすい状態になってしまうのです。

 

酔っ払っていて面倒な気持ちもとてもわかりますが、

虫歯や口臭で家族に迷惑をかけないよう努力しましょうね!

 

ひばりデンタルケアクリニック

小寺

お薬手帳

2018年12月15日

当院はお薬を服用されている方も来院されます。
その中でも、心臓の病気や骨粗鬆症で出されるお薬で、抜歯などの外科処置を行ったことにより、重篤な副作用を引き起こすものがあります。
問診票に服用薬の名前を書いてもらっていますが、忘れてしまったり、稀に飲み薬ではなく、病院で注射をされている方も要注意となります。

当院としましても、問診をしっかり行っているつもりではありますが、

注射など月に一回行うものだと、うっかり忘れてしまうこともあると思います。
このようなことがないように受診される際は、お薬手帳を忘れずにお持ちください。

 

宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

“Floss or Die”

2018年11月20日

「Floss or Die (フロスをしますか、それとも死にますか)」

 

こんにちは歯科衛生士の小俣です。

 

この言葉はアメリカの歯周病学会が国民に向けて発信した歯周病予防の為のメッセージです。

歯周病菌が全身の健康に悪影響を及ぼすことがわかり、「フロスが必要だ!」を叫ばれたのです。

歯ブラシだけでは歯と歯の間は十分に磨けず、歯垢(プラーク)や食べカスが残ってしまいます。

歯周病や虫歯の原因はプラークです。

そこで、フロスの出番です。

 

フロスを使うメリットは歯と歯の間の汚れを取る以外にも、

・虫歯の早期発見ができる

・詰め物やかぶせ物の状態をチェックできる

・口臭予防にも効果的

などたくさんあります。

 

当院ではブラッシング指導の際、必ずフロスの説明もしていますので、フロスを上手に使って、お口の中から健康な身体を目指しましょう!

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

小俣

 

1 2 3 4 5 6 7 8 11