ブログ|東久留米市南沢で歯科をお探しの方はひばりデンタルケアクリニックまで

〒203-0023
東京都東久留米市南沢5-2-1-1F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2024.7.57/31~8/7まで夏期休暇とさせていただきます。宜しくお願い致します。
2024.7.57月の成人矯正無料相談日は7/16となります。
2024.6.17お薬の供給不足に伴い、院外処方での対応を行っております。
2024.6.1インビザライン矯正の相談も承っております!
2024.6.16月の成人矯正無料相談日は6/11となります。

ブログ

BreakingDown7

2023年2月16日

こんにちは。

 

当院の患者さんでもある樋口武大選手が次回のBreakingDown7にも出場が決定しました!

試合前の大事な時期に挨拶に来てくれました!

 

前回は悔しい結果でしたが、今回はやってくれると信じています。

 

前大会ではマウスガードを作成させてもらい、試合でも使ってもらいました。

今回はパンツスポンサーもさせていただくこととなり、スタッフ一同しっかり応援させていただきたいと思います。

 

危険なスポーツでもありますので、怪我のないことも祈っています。

2/19、皆さんで応援しましょう!

 

写真は本人許可済みです。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

 

歯科衛生士による歯科麻酔

2023年2月14日

こんにちは。

 

先日、祝日を利用しスタッフと講習会を受講しました。

内容としては救急救命処置の実習と歯科衛生士による歯科麻酔を勉強してきました。

あまり知られていないのですが、実は歯科衛生士も歯科麻酔を行ってよいとされています。

 

歯科医師指導のもと、実習での勉強と鍛錬を積み、認定資格の取得により可能となりました。

今後、当院でも認定資格を持った実績のある歯科衛生士が麻酔を行うことが増えてくると思われます。

緊急時の対応、麻酔の技術もばっちりですので、皆さん安心してください!

宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

『書籍』臨床の玉手匣〜小児歯科篇〜

2023年2月3日

この度、歯科専門誌デンタルダイヤモンド社より『臨床の玉手匣』〜小児歯科篇〜が出版されました。

日々ご教授いただいている、鷹岡竜一先生、河井聡先生監修のもとで、

私としては「歯の萌出遅延」、「過蓋咬合への対応」の2校を担当させていただき、執筆致しました。

日常臨床の中で小児治療は多く携わっていますが、たくさんの先生方の臨床に対する思いが書かれていますので、

是非ご一読いただければと思います。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

 

 

謹賀新年2023

2023年1月5日

明けましておめでとうございます。

本日より仕事初めとなります。

 

本年もひばりデンタルケアクリニックを何卒宜しくお願い致します。

 

スタッフ一同、患者様のお口の健康推進に努めて参りたいと思います。

まだまだ未熟な点も多々あるかもしれませんが、誠心誠意努力していきます。

 

宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

 

2022感謝

2022年12月28日

本年も皆様、大変お世話になりました。

コロナ禍の中、治療も含め、お口の健康維持のため定期来院していただいた患者様、ありがとうございました。

スタッフ一同、通院していただける患者様には誠心誠意努めて参りました。

 

また来年も継続して患者様のお口の健康づくりの一助となれば幸いです。

今後とも何卒、宜しくお願い致します。

年始の診療は5日からとなります。

 

それでは今年も残りわずかですが、体調にお気をつけて、良いお年をお迎え下さい。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

CT導入

2022年12月24日

こんにちは。

 

当院にもついにCTが導入されました!

これまでは以前お世話になっていた、山口歯科医院にまで撮影に行ってもらっていましたが、

その手間もなくなり、当院で撮影できるようになりました。

河井先生、これまでありがとうございました。

 

今後は埋伏している親知らずや、難しくなっている根管治療、お子さんの永久歯の萌出障害、

インプラント診断など様々なところで活躍してくれると思います。

一層、診断のレベルアップもしていかないといけませんね。

最近のCTは被曝線量もかなり軽減されておりますので、その点でもご安心ください。

撮影ご希望の方はスタッフまでお声掛けください!

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

歯みがきは脳みがき

2022年12月1日

昔から言われている、「歯がない人はボケやすい」という話が大学病院の研究により、実証されてきています。

歯の本数と認知症に関わる研究がされており、ある大学病院の研究によると脳が健康な人の歯は平均14.9本に対して、

認知症疑いありと診断された人はたったの9.4本でした。

つまり残っている歯が少ないほど認知症になりやすいことが明らかになりました。

2025年には65歳以上5人に1人、約730万人が認知症になると試算されており、

今後の大きな問題となってくるのは間違いないかと思います。

 

これに対して、とても重要なことはやはりお口の健康を維持することです!

健康な歯を残すことはいろんな病気予防にも繋がることがわかっています。

悪くなってからではなく、悪くなる前の予防が大事です。

 

定期的な健診を習慣づけましょう!

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

 

マウスガード

2022年11月2日

こんにちは。

 

先日、患者さんとして来てくれている樋口武大選手のマウスガードを作製しました。

元々、総合格闘技アウトサイダーでチャンピオンの実力者でもある彼が次に出場する大会はなんと今YouTubeでとても影響力のある…

 

「 BreakingDown」!!!

一分間最強を決める大会

アウトサイダー対BreakingDownメンバーの対抗戦の一員として出場します!

11/3 決戦です。

当院ではスタッフ一同、応援しています!!

ガンバレ樋口選手!!!

 

樋口選手YouTube

https://youtube.com/channel/UCb3svNWYzLVCWZl4m7mdKuA


 

 

8020→9020

2022年11月1日

こんにちは。

 

先日、日曜日に講演会に参加し、「多歯超高齢者社会を見据えた欠損歯列への対応」という演題で勉強してきました。

 

今の時代8020ではなく、9020または10020という時代に入ってきており、

高齢者の方もたくさん歯が残ってきている時代に突入してきています。

もちろん歯がたくさん残ることは大事ですが、残るが故にその後の管理も大変となってくるのも事実で、

高齢の方の場合、医院に通院できなくなったり、寝たきりになってしまったりなど、今後いろんな事情があると思います。

いかに通えるうちに、しっかり対応していくか、通えなくなっても管理しやすいような状態にしておくかが、重要と考えます。

これには術者、患者のみならず、ご家族との繋がりも重要であると感じました。

 

いつ何時、何が起こるかわからないので、いまの時点からお口のケアを徹底しておくことが、むし歯、歯周病予防だけに限らず、

認知症予防、誤嚥性肺炎予防に必要なことだと改めて再確認しました。

当院では車椅子でも通院できるよう、バリアフリーを行なっていますが、往診は今現在行なっていないため、通院できなくなってもいいように、院内で出来る限るのことは行わさせてもらっています。

 

このようなご相談も承っていますので、お気軽に相談いただければと思います。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

歯周基本治療の会

2022年10月18日

こんにちは。

 

先日、1年半程前から準備をしてきたスタディグループでの企画会を3年ぶりに開催致しました。

大変なことばかりで発案から準備、運営などたくさんの事を経験させていただきました。

少人数ならではのとても有意義な1日となりました。

ここまでこれたのも、会員の皆様のご協力があってのことで、

関わっていただいた全ての方々に感謝申し上げます。

 

今後ともご指導宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

1 2 3 4 5 6 7 8 25