ブログ|東久留米市南沢で歯科をお探しの方はひばりデンタルケアクリニックまで

〒203-0023
東京都東久留米市南沢5-2-1-1F
  • 電話
  • メニュー
NEWS 新着情報
2019.11.111月の成人矯正無料相談日は5日、16:00~です。
2019.11.111月の日曜診療は10日、24日となります。よろしくお願いします。
2019.10.12台風19号接近に伴い、本日午後を休診とさせていただきます。
2019.10.410月9日、23日(水)は臨時診療を行っております。
2019.10.410月の日曜診療は6日、13日となります。よろしくお願いします。
BLOG お知らせ
2019.11.18成人矯正
2019.11.2臨床基本ゼミ最終日
2019.11.1開院3周年!
2019.10.10歯がしみる
2019.9.29『必然の勝利』

ブログ

開院2周年!

2018年11月1日

こんにちは。

 

紅葉の季節を迎え、朝夕の寒気が身にしみるころとなりましたが、

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

当院は早いもので無事に2周年を迎える事ができました。

これもスタッフや地域の皆様の支えがあってのことです。

 

まだまだ未熟なところがあるかとは思いますが、これからも予防活動の普及に精進し、

私自身としても日々研鑽し、地域のために貢献していけたらと思っています。

 

今後とも、宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

舌の正しい置き場所は?

2018年10月22日

こんにちは。

 

エデュケーターの成田です。

 

皆さん、舌っていつもどこにありますか?

知らない人が多いと思いますが、舌の置き場所は実は上顎なんです。

 

間違って、下に置いていると…

・口の中が乾燥して雑菌が繁殖し、口臭が…

・舌の筋肉が衰えて二重アゴに…

・口呼吸になり、脳に悪い影響を与え、認知症…

などなど、これ以外にも歯並びが悪くなったり、風邪をひきやすくなったり、たくさんの弊害があります。

 

理想的なお口の状態は

1、上下の唇は軽く閉じる

2、舌の先は前歯の後ろの歯茎に当たっている

3、歯は噛み合わせない

4、舌全体は上顎に吸盤のように張り付ける

 

この4つをしっかり守りましょう!

日本国際歯科大会2018

2018年10月15日

こんにちは。

 

10月7、8日とクリニックを休診とさせてもらって、横浜で行われた日本国際歯科大会に参加させていただきました。

たくさんの著名な先生や勉強会でお世話になっている先生方の講演を拝聴する事ができました。

今現在、世界の歯科界でトレンドになってることや、新たな治療方法など、たくさん勉強させてもらいました。

会場では懐かしの高校時代の先輩に会えたり、講演される先生方のいる懇親会に参加させてもらえたりと、充実した2日間でした。

 

隣接されたワールドデンタルショーでは、数々の新しい医療機器なども見る事ができ、ここでもこれからの臨床に活かせる発見がありました。

クリニックを2日続けて閉め、患者様にはご迷惑をおかけしたかと思いますが、ここで学んだ事をスタッフや患者様に還元できたらと思います。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

ハロウィン

2018年9月27日

こんにちは。

 

歯科衛生士の渡部です。

 

気づけばもう10月ですね。ハロウィンの季節がやってきました♪

当院でも細やかながら、ハロウィンの飾り付けをしました🎃

そして、キシリトールグミのお菓子のプレゼントも用意しました!

 

歯医者さんでお菓子?

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、このグミはキシリトール100%(シュガーレス)で作られているので、

虫歯になる心配がありません。

 

キシリトールを食べても、虫歯の元になる酸を作りません。

また、プラーク(歯につく汚れ)が付きにくくなる効果もあると言われています。

食べるだけで歯磨きが楽になるのです!

 

仕上げ磨きを嫌がるお子さんにもキシリトールはおすすめですよ!

 

”食後やおやすみ前に1粒ずつ”

”間食の代わりとして2〜3粒”

など適度に食べると虫歯予防に効果的です。

 

是非、みなさんも試してみて下さいね♪

口腔内写真をとる意味

2018年9月11日

こんにちは。

 

今日は当院にかかられた事がある方は、ほとんどが経験されたと思う、口腔内写真についてのお話です。

当院では、初診時にお口の中の写真を6〜12枚程、撮影をさせてもらっています。

これは何故かというと、初診時の記録というのは一生で一度しかなく、悩みを持たれて、来院した時の口腔内の情報が患者さんからの訴えであり、レントゲンだけではわからない大切な資料です。

 

普段、なかなか自分の口の中を見る事がないと思いますので、改めて見ると大体の方が驚かれるケースが多いと思います。

この資料を元に、患者さんへの現状説明、今後の治療方針の決定、治療後のビフォーアフターなどの資料として使わさせていただいております。

なかなか口の中の変化というのはわかりづらいと思いますが、こうやって資料をとることにより患者さんにも「こんなに変わったんですよ!」と説明する事ができます。

それで快方に向かっていると気づけると、またさらにモチベーションもあがりますよね!

口腔内の治癒に関してはこれがすごく大事なんです!

私たちは、患者さんが自ら治すという意識を持ってもらえるようになる事がゴールだと考えています!

 

当院では患者さんと長いお付き合いをしていく上で、口腔内写真はとても重要だと考えておりますので、少しご面倒をおかけしますが

何卒、宜しくお願い致します。

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

予約お知らせメールを配信します。

2018年8月24日

こんにちは。

 

当院での診療は基本的に予約制で行っています。

患者さん一人に対して約一時間の診療枠を設けていますので、様々な理由はあるかと思われますが、

その予約で無断キャンセルがあると、当院だけでなく、その時間に予約をとりたかった他の患者さんにも迷惑がかかってしまいます。

 

そこで当院では、こういった無断でのキャンセルをなくしていくため、予約前日のお昼頃に登録したメールアドレスに

お知らせメールを配信することになりました。

これにより、無断キャンセルが減少し、予約の管理もスムーズにできればと考えています。

 

ご迷惑と感じる方もおられると思いますが、何卒ご協力宜しくお願い致します。

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

夏バテでお口もバテる?

2018年8月13日

こんにちは。

連日の猛暑ですが、皆様はお元気でいらっしゃいますか?

大変な日はまだまだ続きますが、お体に気をつけてお過ごし下さい。

 

夏バテは虫歯や歯周病の進行を早めると言われています。

主な原因としては細菌ですが、体調不良で免疫力が低下すると細菌が活発になり、進行を早めるとも言われており、

また夏場は体内の水分量が減るのに伴い、唾液の分泌量も減るため、もともとある自浄作用が低下してしまうのも原因のひとつとなります。

 

身体を休めることも治療のひとつですので、まずは十分な休息と栄養をとりましょう!

そして、歯科医院での定期健診を行い、虫歯や歯周病の原因となる細菌を減らしてあげることが一番です。

 

小寺

むし歯菌ついて

2018年7月18日

こんにちは。

歯科衛生士の小俣です。

 

今日はむし歯菌のなかでも強力なミュータンス菌とラクトバチラス菌についてお話します。

ミュータンス菌は歯の表面に付着する能力があります。

また、歯の表面や歯と歯の間に残った食べかすなどを栄養としてプラークができ、ミュータンス菌が住み着きます。

ミュータンス菌は食べ物に含まれている糖分を分解し、酸を作り出します。

その酸が歯を溶かしてしまうのです。

 

ラクトバチラス菌はミュータンス菌とは違い、歯の表面に付着する能力はありません。

しかし、ミュータンス菌によって溶かされた歯の中に入り込んでむし歯を拡大、進行させる能力を持っています。

 

一度むし歯の治療をして詰め物や被せ物をした歯にも多く生息します。

また、ラクトバチラス菌は食生活をとの関わりも深いと言われています。

 

当院では、これらの菌の量や食生活を調べて、一人ひとりにあったむし歯の予防方法を一緒に考えています!

興味のある方はスタッフまでお声掛けください。

 

よろしくお願いします。

臨床歯科を語る会

2018年7月8日

こんにちは。

 

7月7日土曜日を休診にさせていただき、今年初めて「臨床歯科を語る会」に参加させていただきました。

 

この会は全国各地から有名なスタディーグループの先生方たちが集まり、日々の臨床についてたくさんディスカッションを行う会です。

臨床経験60年の大御所先生の貴重なお話や、歯周病治療専門でされている先生の深いお話などとても有意義な2日間でした。

 

分科会は欠損歯列といって、難しい歯の失い方をされた方の対応についての勉強をさせていただきました。

 

多くの先生と交流を深められたのも貴重な経験となりました。

日々研鑽というのを改めて感じさせられました。

 

来年は何らかの発表ができればと思っています。

 

宜しくお願い致します。

 

 

ひばりデンタルケアクリニック

上田

 

 

矯正を始めるのに一番いい年齢は?

2018年7月3日

こんにちは。

エデュケーターの成田です。

 

今日はお母様からよく質問のある、子どもの矯正はいつから始めたらよいかと言う事に

ついての回答です。

 

答えは、なんと小学校低学年あたりがもっとも適していると言われています。

これは永久歯が生え始める時期で、それに伴い上下の顎の成長期とも言われているからです。

上下の顎をしっかりと成長させてることによって、歯が並ぶスペースを確保します。

 

この時期を逃すと、顎の成長や歯並びを悪くすると、言われている悪い癖の改善のタイミングを逃してしまうことになります。

 

お家でお子さんはこんなことやってませんか?

・お口ポカン

・指しゃぶり

・猫背でゲームや読書

 

これらによって歯並びが悪くなってしまうのです。

 

お子さんの歯並びが気になる方は、まずはこういったことをやっていないか観察から始めてみてください。

 

何かわからないことがあれば当院スタッフまで、ご相談ください。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 11